チャ○ットのフィッターさん。

0

    今日は娘のピアノ発表会の準備で出かける用事があり、用事が済んでから近場の町田のチャ○ットに寄りました。

     

    目的は、私のポアントのフィッティング。

     

    といっても今のレガートが合わないわけではなく、プラットフォームがもうちょっと細いモノを使ってみたらどうだろうか?と思った次第です。

     

    細いもので知ってるのはブロックのシュープリマ。

     

    チャ○ットのポアントだとスワニルダが細いのですが、あれはボックスの形がかなり変わってしまうことがわかっているし、チャ○ットのトウシューズは私はほとんど相性が悪いのでブロックだけ試したかったのね。

     

    ※唯一、スワニルダだけは大丈夫なんだけどね

     

    でも、、、

     

    町田のチャ○ットはフリーフィッティングができなさそうでした。

     

    店内はそれほど混んで無くて、フィッティングもジュニアちゃんが1人やっているだけでした。

    それで仕方なく、スタッフの方に合わせてみたいとお願いしたら、やはりフィッターさんがやることになってしまいました。

    この時なんとなく威圧感を感じたのでやめておけばよかったんですが、頼んでしまったし、お願いするかと覚悟を決めました。

     

    でもほんと、やめておけばよかった。

     

    もう当分、町田のチャ○ットには行きたくないレベルでいやーな思いをすることになりました。

     

    まず、シュープリマがディスコンしていた。

     

    この時点ですでにええーーーって感じで。

    どのチャ○ットでも扱いがないんですって。

     

    だけど、折角だから試してみたいじゃないですか。ボックスやプラットフォームの形の確認くらいしたいというか。だからそのほかのものでお願いしてみたんですけど。。。

     

    このスタッフさんはなんか最初からすごーく感じが悪かったんですよね。

    こう、何もかもつっけんどんに言う感じで。

     

    フィッターさんによるフィッティングのやり方ってよくわからないんですけど、チャ○ットはポアントを自分で履くのはだめなんでしょうかね? でも他人が履かせるとかだいたい無理じゃね? 自分で足をいれさせてくれないもんだから全然履けないんです。

    履き方指導のあるあのアビ○ヨンだって、フィッターのおじさんが履き方を教えてくれるだけで自分で足入れしますよね。

     

    で、足先だけいれて「チ!これもだめ」みたいな雰囲気で脱がして次のサイズ出すみたいな、とにかくすっごく感じが悪いの連続なんですよね。この時点で「辞め時」を探ってたんですがね。

     

    まあ、私の雰囲気見て「たいして立てもしないのに合わせにきたいい加減な大人」程度に思ったのかもしれないです。

     

    チャ○ットのスタッフさんはバリバリと踊っていた人が多いんだろうから、あなたに比べたらたいして立てないのかもしれませんけどね。

     

    とりあえず、セレナーデをなんとか履いてみて「6番で立ってください」って言われて立ってみて、立ってみたところ一言「あなたじゃこのポアントじゃ立てません」と言われました。まあ私もセレナーデはないなーと思ってたところなのですが、「あなたじゃ無理」っていう言い方がね。

     

    そのフィッターさん曰く「ブロックはソールの固いポアントが多いのであなたでは無理です」だそうで。

     

    えっとー、バレリーナのソールがバッキバキに固いの知らないのかなあ。。。。

     

    確かに私は柔らかいソールのほうが好きですが、ソールって単純に固い柔らかいで解決できなくないですか?

    だってギャンバってソール固いと思いますか?柔らかいと思いますか? 私は柔らかいと思うんですよ。でも人によってはギャンバは固いって言うし。

     

    セレナーデは固いか柔らかいか聞かれるとソールが薄くて固めだなとは思いますが、それよりももっとボックスの先の方の形状、エッジの角度的にわたしは選ばないかなあと思うわけです。よく、前バランス・後ろバランスと言われるやつですが、私は甲があまり出ないので前バランスのポアントが良いのです。

     

    逆にソールが柔らかければいいかっつーと、ベロネーゼなんてぐにゃんぐにゃんに柔らかいですが、あれはフルポアントで立ってもなぜかストンと落ちてしまう謎ポアントのひとつで私はどーしても合わないんです。

     

    これって私だけが特殊なんじゃないですよ。。。

     

    なんたって、うちの先生(娘の先生でもあり、有名バレエ団のソリストだった方)が「チャ○ットのポアント禁止」というくらい、バランスが後ろにあるシューズが多いというか。

     

    だからフィッターさんが「ソールの固さだけ」で「あなたには立てません」と言うのはどうなのかなあと。

    そもそもソールなんて馴染ませることはある程度できるもんじゃないですか。

     

    曲げて削って切って、、、みたいなね。

    でもレガートは釘抜くくらい。最近は抜かなくてもいいかなーと思う。

     

    ここまで書いてみたけど、やっぱりこれって十分に不愉快になるよね?

     

    最後にバランスヨーロピアンをすすめられたので、前に履いたときはどーも合わなかったんだけどもしかしたら感じが変わってるかもと、合わせてみたんですよね。

     

    そうしたら、例によって「履かせる」段階でぜんぜんだめで。

     

    ちなみに私、いわゆる「しゃもじ足」でして、サイズ24.5で、普通幅から幅広、を履くことが多いです。

    バレリーナのレガートだと、24.5のE幅、、、これが最近ちょっと大きく感じるかな?でも左脚はEE幅なんだよなーという感じ。

     

    で、バランスヨーロピアンってちょっと変わった形で、履くのがちょっと大変なんです(踵がすぼまっていて、はき口も深い)。他のブロックのシューズより大きめのサイズになるかなあ。それはわかってたんですけど、でも私の足のサイズってそんなに特殊でもないですよね。

     

    ところがこのスタッフさんが「履かせる」行為を続けるものだから、そんな履き口の狭い靴なんて他人がうまく合わせられるわけがないじゃないですか。で、ついに履くところまで行き着かずに

     

    「うちのお店にはあなたの足に合うサイズのバランスヨーロピアンは置いてません」

     

    ってのたまわった。

     

    ーーーそうですかー、じゃあもういいです。

     

    で、最後にちょっとだけ抵抗して、

     

    ーーーちなみに、今回の目的はボックスの形状を変えてみたかったので

     

    って言ってみたらね。

     

    「ボックスが細いものが立ちやすいわけじゃありません。ソールが固いと立てません、それをよく考えてください」

     

    って最後までおっしゃいましたこの方。

     

    もう開いた口が塞がらないというか、笑うしかなくて。

    わかりました、素人がすみませんでした、状態でお店でましたよ。

     

    で、

     

    そのあと色々あってなぜか渋谷にいたワタクシ。

     

    あったまにきて、渋谷チャ○ットで、フリーフィッティングしてやりました。

     

    シュープリマは確かにディスコンしていてなかった。

    他のチャ○ットのポアントやフリードを買うつもりは今回はない。

     

    バランスヨーロピアン。

     

    履いてみようじゃないの。

     

    6のXXを合わせてみたらですね、あら、昔に比べて意外にいけるかもしれないと。

    ちょっとかかとのあたりが右脚は余るような気もするが。

    ボックスが恐ろしく四角なので、レガートさんともちょっと立った感じが変わるから、回転もちょっと変わってくるかも???

     

    で、念のため、スタッフさんに

     

    これと同じサイズで新品合わせてもいいですか?

     

    って聞いてみたらニコニコして持ってきてくれまして。

    で、ポアントしたところもみてくれて、5.5XXだと右脚の踵がくいこむ感が若干ありそうだから、やっぱり6でという話になりました。

     

    ちなみに、立ったときの姿見て「あなたはブロックでは立てません」とはもちろん言われませんでしたよ(笑)

     

    バランスヨーロピアン、以前はたぶん幅がちょっと狭いのを買っちゃったんですよね。

    それでうまくいかなくて。

     

    まあ、またお稽古場で履いてみないとわからないけど。。。

     

    結局、レガートが一番馴染んでるということになってしまう気もしないでもない。

    レガートだけはなーんにもしなくても、最初から前にどかーんと行けて、甲も出てるような錯覚さえ覚えます(笑)

     

    ただ、今回はちょっと他のも試してみたかったんさーーー

     

     

    よかったら押してネ


    マヤ1はダメかも。

    0

      細かい話なのでこっちに。

       

      今日のポアントレッスンでマヤ1を履いてみました。

       

      足の指のつけねのあたりの幅に合わせると5.5のXXX幅になってしまう私の足。

      5のXXX幅だと長さがきついし、5.5のXX幅だとつけねのあたりがきつい。

      6のXXを合わせてみる価値はあるかもしんないけど、それは暇があったらミルバでやってみようかな?

      またおねいさんになんか言われるかもしれませんが。

       

      とにかく前の日に念入りに合わせて、パッドも決めてレッスンに出たんだけどね。

      いざタイツつけてレッスンで履いてみると落ちちゃうのよ。

      薄い布みたいなパッドを重ねづけすると今度は床が遠すぎて違和感。

      結局フェッテリーナの超新しいふっかふかのパッドをつけてなんとかバーレッスンだけやってみました。

       

       

      バーの最後のほうで完全に人差し指が床について、しかも曲がっちゃってる。

      ハンマートゥってやつ? 痛みもあります。

      やっぱりギリシャ型の私の足にはあのプラットフォーム合わないのかなあ。

      まっすぐ立てる感覚も確かにあるんだけど、ちょっと矯正されてる感もあってこのままだと足を壊すかもしんないなあとレッスンしながら感じてしまった。

       

      仕方なくレガートに交換。

       

      やっぱレガートは足に馴染みます。

      だいぶクタクタになっていて床が近いのだけど、指が落ちちゃうこともない。

      ただ、きをつけないと小指側にいってしまうから、レッスンで超絶注意してやっていかないといけないんだよな。

      ダイエットも含めて脚・足のラインを細かくチェックしながらレッスンしないと。

       

      今日は先生にとっても細かくみていただけて大感激なレッスンでした。。。

       

      さて、レガートは次の一足ももうリボンつけてあります。

      マヤ1はきっぱり諦めよう。

       

      そしてポアントの基礎レッスンをしっかり受けようと思いました。

       

      よかったら押してネ


      ポアント現状。

      0

        防備録的な記事になるので、久しぶりにこちらに書いてます。

        ポアントの経緯と現状。

        たくさんのポアントが出てきますが、昔から持ってるものをひっぱり出してるケースもあります。

         

        今年はじめ

        レガプラ25cm普通幅 → ゆるくなってきた

         

         

        春くらい

        ※小指側に流れる問題発生

        レガプラ24.5cmE幅 → なんかよくわかんない

        ベロネーゼのウィングブロック? → 形は好きなんだけど前にのれない

        シルビアの舞セシオン → ぶかぶかだしうまく乗れない

        アビニョン → 指が床につきまくって返品

         

        夏のはじめくらい

        レガプラ24.5cmE幅 → これがいいかも

        EX2 → 乗れなくはないんだけどいまいち

        昔から持ってたギャンバ93の6のX幅 → いいんだけどかなり大きい

        レガプラ25cm普通幅のソフト加工特注 → すぐにつぶれてダメ

         

        7月くらい

        レガプラ24.5cmE幅 → ゆるくなってきた

        レガプラ24.5普通幅 → これだと足先が痛い

         

        8月になって

        レガプラ24.5cmE幅 → 履き口をかがったりパッドを工夫すればベスト

        レガート24.5cmE幅 → 立ちやすい!でも日によって足先が痛い

        ギャンバ97の5.5X幅 → これも良い、これから慣らす

         

        という感じです。

        立った感じが一番いいのはレガートで、しっかり立てます。

        小指にも流れません。

        でも日によってボックスがきゅうくつで小指が圧迫で痛くなってしまうことがあります。

        ギャンバはいいんだけどやっぱりごついし、幅も広いなあ(でもボックスの中は結構コンパクトなんですよね)。

         

        何度か書いてますが、履いたときのボックスの感じが一番好きなのは実はベロネーゼ。

        だけどエッジ問題?なのかな、どんなに柔らかくしても足首が引けてしまいます。

        ここが解決すればいいんだけどなあ。

        ま、今回はベロネーゼは履かないだろうなあ。

         

         

        よかったら押してネ


        | 1/4PAGES | >>

        お気に入りブログ

        kana*になんか言う。

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        PR