レッスンで見かけた素敵な人。

0

    前の記事でけっこう過激な、でも正直な心を吐露してしまいましたが、お口直しに先日のレッスン(数回)で見かけた、大人バレエの素敵な人をメモ代わりに記録しておこうと思います。

     

    初級クラスに出た時のこと。

    そのクラスは「頑張るパワー&オーラ」のある人が多かったです。

    待合のスペースでストレッチしながら「日頃から頑張っているピラティス視点からのアドバイス」をしていた方。

    トウシューズについて細かいことを話し合っている方達。

    細くてスタイルよくて、くるっくるまわれてしまう人もいらっしゃいました(もちろん、バレエ的にとても上手という意味です)。

    そんな中で、私がどうしても見てしまう方がひとり。

    黒いTシャツに黒の長いオーバーパンツ。

    たぶん、長らくブランクがあいて復帰されて間もないのかなあ(と勝手に想像)。

    身体もまだまだ固くて、たぶん身体の重さもご自身で納得いってない状態だろうなとも思った(しっかりした体型の方でもバリバリ踊れる方もいらっしゃるので私は必ずしも細けりゃいいとは思ってないですよ)。

    ピルエットもシングルだし、列もいつも一番後ろについてました。

    なんかマインド的に自分に似ている部分もあったからかなあ。

    でもその方の、手の使い方、顔のつけかた、足先のちょっとした使い方が、バレエだった。

    アンディオールが見えた。

    180度開脚じゃないんだけど、見えるの。

    シャンジュマンの足先が綺麗なの。

    足の指がちゃんと使えているの。

    そういうのが見える方、ステキです。

    私もたとえ自分が納得いってないようなコンディションの時も常にそうでありたいと思いました。

     

    もうお一人は、やっぱり別の初級クラス。

    こちらは難しめで私はさっぱりついていけなくてオロオロしてました。

    クラスの中でもついていける人とそうでない人にスパーンと別れている感じがあった。

    でも私がどうしても視線がいってしまう方は、そのどちらでもないというか。

    バリバリとテンポについていってくるっくるまわってしまうタイプでもない。

    かといって、わけわからなくて、ひょっとこおかめ踊りになってしまっている私とも違う(ほんと情けない。。。)。

    ほーっとため息をついて見てしまうような瞬間があるというか。

    タンリエをしたとき、アラベスクをしたとき、足をロンデジャンブしたとき、などちょっとした動きの中でなんです。

    身体の中心にしなやかなバネを感じるのです。

    アラベスクの出した角度がとても美しく、つま先の延長にさらに糸が続いているような感じがする。

    頭のてっぺんも糸で天からつながっているような感じ。

    こういう柔らかいバネ的な身体の使い方はプロでもやる人とそうでない人にわかれる感じがします。

    こんな身体の使い方ができるようになりたい、そうしたらシングルピルエットでも、簡単な動きでも本当にバレエの美しさが表現できるだろうなあと、本当に思いました。

     

    以上、

     

    今後もこんな感じで素敵な人を見かけたらメモしておこうかと思います。

     

     

    よかったら押してネ


    スポンサーサイト

    0
       

      よかったら押してネ

      • 2019.12.10 Tuesday
      • -
      • 20:51
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      お気に入りブログ

      kana*になんか言う。

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR